全身脱毛を受ける際の注意点

レーザーの施術で気を付けること

肌の負担が少ない全身脱毛 | レーザーの施術で気を付けること | ツルツルで健康な肌に

全身脱毛の方法が決まったら、処理を行う前の注意事項として毛抜きやワックスで自己処理を行ってはいけません。
これらの処理ではムダ毛を毛根から引き抜いてしまいますので、照射を行っても毛根部分を破壊できなくなります。
光もレーザーもムダ毛の黒いメラニン色素に反応する仕組みになっているので、照射の意味が無くなってしまいます。
処理前は日焼けも厳禁です。
黒い色に反応する光を用いますので、日焼けをしてしまうと肌にも反応します。
その結果、照射時の痛みが増したり光が分散して効果が小さくなったりしますので、日焼けをしないように紫外線対策を万全にしておく必要があります。
日焼けをした直後の赤くなった状態の時にも処理は行えません。
赤くなっている時には軽い炎症を起こしているのですが、照射によってその炎症が酷くなる恐れがあります。
どちらにしても肌トラブルにつながるような危険な状態ですので、処理は行えないと考えなければなりません。
薬の服用も注意が必要であり、風邪薬や鼻炎薬、うつ病などの薬は飲めません。
痛みを和らげるために痛み止めの薬を服用してから処理を受けようとする人もいますが、自己判断では危険ですのでサロンやクリニックに通っている場合にはきちんと事前に申告することが大切です。
自己処理の場合には、できるだけ何の薬も飲まずに処理を行うことになりますが、どうしても飲まなければならない時には処方されている病院で確認してみます。
飲酒も血行が良くなって体温が上昇し、痒みを感じやすくなりますので受けられません。
肌自体も敏感になり、普段なら何でもないような刺激にも過敏に反応することがあります。